印刷 | 通常画面に戻る |

会子


南宋の会子

北宋の交子に続き、南宋で発行された紙幣。

 四川に始まった交子が、宋(北宋)の官営紙幣としても継承され、さらに南宋になってから、1160年に政府が紙幣として発行したのが会子である。当初は宋銭と交換できる兌換紙幣であったが、まもなく不換紙幣となり、四川を除く全土で流通した。
 南宋は北宋と同じく、主要通貨として銅銭(宋銭)を用い、四川地方などで鉄銭を鋳造していたが、同じく北宋以来の紙幣を併せて流通させ、その紙幣を会子と称した。ところが、南宋では銅の産出量が著しく落ちたため紙幣の需要が急増し、会子の発行が増えた。首都の臨安の周辺では南宋の中央政府の発行する臨安会子、または行在会子(あんざいかいし)と言われる会子が流通した。また、南宋から銅銭に替わってが貨幣として用いられるようになり、主として高額取引に利用された。

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 エ.宋代の社会