印刷 | 通常画面に戻る |

クーファ

メソポタミアに建設されたイスラーム教団のミスル(軍営都市)。

639年に建設された、ミスル(軍営都市)の一つ。イラク中部のバクダードの南方、ユーフラテス川の南岸にあたる。この地は後に第4代カリフのアリーが拠点としたところで、シーア派の拠点であった。現在では荒廃し、遺跡として残っている。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 イ.イスラーム世界の成立