印刷 | 通常画面に戻る |

アリー

正統カリフ時代の第4代カリフ。ウマイヤ家ムアーウィヤと対立。過激派ハワーリジュ派に暗殺される。後にシーア派の崇拝を受ける。

 イスラーム教団の正統カリフ時代第4代のカリフ(在位656~661年)。ムハンマドと同じくメッカのハーシム家の出で、ムハンマドの娘ファーティマの夫となった。勇敢な戦士として「アッラーの獅子(アサドッラーク)」と言われた。イラクのクーファを拠点に活動し、656年カリフ・ウスマーンが暗殺された後、ムハンマドに最も近い人物と言うことでカリフに選出された。

第一次内乱

 しかし、彼がカリフとなった頃は、イスラーム教団の主導権を巡る争いも激しくなっていた。もともとムハンマドには敵対していたメッカの大商人ウマイヤ家の出身であったウスマーンの暗殺は、アリーが黒幕ではないかとの疑いがかけられた。ついに656年6月、両派はバスラ近郊で衝突し、第一次内乱が始まった。ウスマーンの未亡人アーイシャがラクダにまたがって戦ったので「ラクダの戦い」とも言われるこの戦闘はアリーの勝利となり、第4代カリフの地位を確実にした。

ウマイヤ家との対立と調停成立

 ウマイヤ家の家長ウスマーンの地位を継承したムアーウィヤは、シリアダマスクスを拠点にシリア総督としてカリフ・アリーに反旗を翻した。激怒したアリーは657年、シリアを攻撃した。戦闘はアリー側優勢に進んだが、ムアーウィヤ側の一武将が槍先に『コーラン』を掲げ、コーランによる裁定を提案すると、アリーもそれを受け入れ、戦闘は停止された。

アリーの暗殺

 この『コーラン』による裁定に不満な戦士の一部は、「裁定は神にのみあり」として話し合いによる決着を否定してアリーの陣営を離脱した。これをハワーリジュ派(離脱者たち、の意味)と呼ばれ、妥協の産物のカリフ・アリーを激しく非難した。アリーはハワーリジュ派の殲滅を試みたが、逆に661年、クーファで刺客の手にかかり暗殺された。これによって第1次内乱は終結したが、同時に正統カリフ時代も終わった。

シーア派

 アリーが暗殺されたことによってただ一人カリフとして残ったダマスクスのムアーウィヤがイスラーム世界の統治者となった。その地位はウマイヤ家に世襲されることとなり、ウマイヤ朝が開始されるが、それを認めずにアリーの子孫のみをイスラームの指導者(イマーム)であるとするシーア派が出現し、それに対してウマイヤ家のカリフを認めるスンナ派が対立するようになり、イスラーム世界は二分されることとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 イ.イスラーム世界の成立