印刷 | 通常画面に戻る |

アルプテギン

サーマーン朝のトルコ系マムルーク出身で、ガズナ朝を創始。

962年、ガズナ朝を創始した人物。サーマーン朝(イラン系)に仕えたトルコ系マムルーク(奴隷兵士)であったが親衛隊長にまで昇進して、ホラーサーン総督となり、さらにガズナ(現在はアフガニスタン)に入って独立した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章2節 ア.東方イスラーム世界