印刷 | 通常画面に戻る |

ガザン=ハン


ガザン=ハン 手前に控えているのが
宰相ラシッド=ウッディーン

モンゴル系イル=ハン国の第7代ハン。イスラーム教に改宗する。

 イル=ハン国の第7代ハン(在位1295~1304年)。フラグの曾孫でモンゴル人であるが、イル=ハン国の領土の大部分の住民であるイラン人との融和を図り、1295年即位と同時にイスラーム教(シーア派)に改宗した。このとき、モンゴル人にムスリムとしてターバンの着用を命じた。この年、元朝では世祖フビライが死に、ガザン=ハンは、元朝の宗主権を否定して、完全に分離した。ガザン=ハンのイスラーム改宗宣言に伴い、それまでモンゴル帝国の宗教寛容策によって布教が許されていたキリスト教や仏教、ラマ教、ユダヤ教などはいずれも禁止された。またガザン=ハンはイラン人のラシード=アッディーンを宰相として登用し、国内のイスラーム化を図った。また、人頭税・家畜税というモンゴル式税制をやめ、地租(ハラージュ)を中心としたイスラーム式税制に改め、イクター制も導入した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章2節 ア.東方イスラーム世界