印刷 | 通常画面に戻る |

ガズナ朝

10世紀、アフガニスタンのガズナを都とした、トルコ系イスラーム王朝。たびたび北インドに遠征したが、それは略奪が主な理由であり、恒常的にインドを支配することは無かった。

 962年、アフガニスタンのガズナに起こったトルコ系のイスラーム王朝でイラン東部からアフガニスタン、インドの一部まで支配した。もとはサーマーン朝に仕えるトルコ人奴隷兵士(マムルーク)出身の親衛隊長であったアルプテギンは、ガズナに独立政権を樹立した。その奴隷であったセブクテギンはアルプテギンの死後、おされてガズナ朝の君主となり、北方のカラ=ハン朝と争い、さらに東方の肥沃なインドのパンジャブ地方に進出した。これがイスラーム勢力のインド進出の最初であった。

ガズナのマフムード

 セブクテギンの子のマフムード(在位998~1030年)は、ガズナ朝の全盛期をもたらし、アフガニスタン、イランを平定して、さらにカイバル峠を越えて、インドの北西部パンジャーブ地方に進出した。さらにインド内部に前後17回も出兵し、ラージプート諸侯と戦った。彼は、「ガズナのマフムード」と云われて、インドのヒンドゥー教徒に記憶されている。しかし彼のインド遠征は、もっぱら財宝の略奪を目的としており、インドを恒久的に支配しようとするものではなかった。

ガズナ朝の衰退

 その後、西方のセルジューク朝に圧迫されるようになり、1163年にアフガニスタンのゴールに興ったゴール朝と、西からのセルジューク朝に押されて衰え、1186年にゴール朝に滅ぼされた。

ガズナ朝の文化

 ガズナ朝のマフムードは文化を奨励し、『シャーナーメ』(王書)を書いた詩人フィルドゥシーを保護し、イラン文化の発展に寄与した。