印刷 | 通常画面に戻る |

ラシード=アッディーン

イル=ハン国のイラン人宰相。『集史』を編纂した。

ラシード=ウッディーンとも表記する。イル=ハン国ガザン=ハンに仕えた、イラン人宰相(ヴァズィール)。またその侍医でもあった。西部イランのハマダーン出身のイラン人であるが、実はユダヤ人であったとも言われている。ガザン=ハンのイスラーム化政策を補佐して、推し進めた。また歴史家としても著名で、その『集史』はペルシア語で書かれたモンゴル帝国の歴史に関する第1級の史料となっている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章2節 ア.東方イスラーム世界