印刷 | 通常画面に戻る |

ピサ大聖堂

ピサ大聖堂
この写真では真っ直ぐですが、右端が斜塔

イタリアにおける、ロマネスク様式の代表的な建築。

 ピサは、地中海に面した港市。ジェノヴァなどと並び、地中海貿易で繁栄した。ピサ大聖堂は、イタリアを代表するロマネスク様式の建築。11~12世紀に建造されたもので、大聖堂と付属する斜塔が有名。

Episode ピサの斜塔

 有名なピサの斜塔は、ロマネスク建築の代表例であるピサ大聖堂の一部。1063年、パレルモ沖の海戦でピサ艦隊がイスラーム艦隊に大勝したのを記念して着工、1118年に完成、その後も増改築を続けた。その結果、8階建ての塔となったが、増改築中に土台が地面にめり込んで傾いたが、学者たちが計算した結果、そのまま完成させても倒れないというので、建造を続けたという。高さ59m、直径17m。<庄司浅水『世界の七不思議』現代教養文庫による>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ウ.美術と文学