印刷 | 通常画面に戻る |

スペイン銀貨

新大陸の銀を独占したスペインによって鋳造され、世界通貨として広く流通した。

 スペインは、1545年からの南米ボリビアのポトシ銀山、17世紀末以降はメキシコ産の銀を独占し、ヨーロッパとともに中国にも交易の対価として持ち込んだ。新大陸の銀山では水銀アマルガム法による大量の精錬が可能になり、16世紀後半には中国では日本銀を圧倒するようになった。 →  メキシコ銀

世界通貨 ピース・オブ・エイト

 スペイン政府は、南米のペルーのポトシ銀山(現在はボリビア領)や北米のメキシコで採掘された銀をメキシコで銀貨に鋳造した。このスペイン銀貨はピース・オブ・エイトと呼ばれて1570年代に鋳造されてから、⒚世紀まで、事実上の世界通貨として流通した。現在のカードと同じように、スペイン銀貨があれば、世界中どこでも決裁できたのである。
 実際のスペイン硬貨ピース・オブ・エイトは直径が約4センチ、重さは約27gある。当時のスペイン・レアル硬貨の8倍の価値があったため、スペイン語で「8枚分の硬貨」と言われたので、英語では piece of eight とも呼ばれた。『宝島』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの映画で、海賊ジョン・シルバーの肩に乗ったオウムが「ピース・オブ・エイト!」と叫ぶので有名だ。
 原料の銀は、ポトシ銀山で採掘された。その銀で鋳造したスペイン銀貨は、16世紀スペイン帝国のフランス、オランダ、イギリス、トルコと戦いを可能にした。しかし、その歳出もまた、17世紀のスペイン帝国の急速な衰退を招いた。
 スペイン銀貨はアカプルコからガレオン船でフィリピンのマニラに運ばれ、中国商人のもたらす絹、陶磁器、漆器、香辛料などと交換され、アジアの経済を潤した。<ニール・マクレガー/東郷えりか訳『100のモノが語る世界の歴史3』2012 筑摩書房 p.143> → 資本主義的世界経済

ドルの時代へ

 スペイン銀貨が世界中に流通するようになると、スペインでは単位をペソと行ったが、イギリス・アメリカでは「スペイン・ドル」と言うようになった。ドル doller とは、もともとは16世紀にボヘミアの銀鉱山で鋳造されたヨアヒムスターラー (Joachimsthaler) という銀貨の名前から来ており、この銀貨が純度が高かったから質のよい通貨のことをそう呼ぶようになり、スペイン銀貨もその短縮形のターラーが訛ってダラーと呼ばれるようになった。
 スペイン銀貨はメキシコで鋳造されていたので、1821年にメキシコが独立すると、メキシコ・ドルと呼ばれるようになり、依然としてアジア貿易の基軸通貨として決済に使われていたので、各国はそれを基準にドル銀貨を競って鋳造した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第Ⅱ部まとめ
7章1節 エ.朝貢世界の動揺
8章1節 ウ.商業革命と価格革命
書籍案内

ニール・マクレガー
/東郷えりか訳
『100のモノが語る世界の歴史3』2012 筑摩書房