印刷 | 通常画面に戻る |

奴変

明から清の時代に江南で起こった家内奴隷の解放を求める闘争。

 代の末期から清代の初め(明末清初という)の時期、中国の江南地方を中心に展開された、家内奴隷の解放を求める闘争で、小作農の抗租運動とあわせて、「抗租奴変」と言われた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章1節 オ.明後期の社会と文化