印刷 | 通常画面に戻る |

藩王

清の中国支配に協力した漢人武将に地方支配権を与えたもの。雲南の呉三桂など。

 が中国全土を支配する際、それに協力して各地の支配権を求められた漢人の武将をいう。代表的な藩王が雲南の呉三桂(平西王)、広東の尚可喜(しょうかき、平南王)、福建の耿継茂(こうけいも、靖南王)の三つの勢力で、これを三藩という。1673年、清の康煕帝三藩の乱が起こると、これらの藩王の勢力を制圧して清の中央集権体制を確立した。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章2節 ア.清代の統治