印刷 | 通常画面に戻る |

藩王国

イギリスのインド植民地支配下で一定の自治を認められて存続した地方政権。

 漢字で表記されるが、近代インドでの用語なので注意すること。中国での藩王と区別する。ムガル帝国の衰退後に、各地で自立した地方政権(マラーター、マイソール、ハイデラバードなど)をいう場合もあるが、一般には藩王国とはイギリスがインドを植民地支配した時期に、直轄領とはならずに、旧来の支配者が一定の自治権を認められた地域をいう。王国を称しているが、独立した国家とは扱われず、軍事と外交をイギリスに握られている保護国に該当する。イギリスは直轄領以外はこの藩王国を通じて間接的に統治した。
 藩王国は英語では Indian States あるいは、Native States という。日本ではかつて後者を直訳して「土侯国」といわれたこともあったが、これには差別的な響きがあるところから現在では歴史用語としては使われない。日本の「藩」のイメージに近いことも、藩王国という用語が定着した理由だろうか。

藩王国とりつぶし政策

 インド植民地化を進めたイギリスは18~19世紀前半には従属を拒否したマラーター同盟、マイソール王国、シク王国などを次々に武力で制圧し、その地を併合していったが、その一方でイギリスと友好関係を結び、その保護に入った王国に対しては藩王国としての一定の自治をみとめるという二面の政策をとった。しかし、藩王国に対しては後継者がいない場合にはイギリス領に編入するという「藩王国とりつぶし政策」をとっていた(江戸幕府の大名統制策と同じ)。これにたいしては反発が強く、インド大反乱(シパーヒーの反乱)勃発の原因の一つでもあった。その後のインド帝国においても藩王国は存続し、1947年のインド・パキスタン独立で消滅する。

分割統治

 もう一つの藩王国を統治するための策が「分割して統治せよ」という古代ローマが征服地の都市に対してとった政策に倣ったものである。この分割統治はイギリスが藩王国とそれぞれ個別の条約を結び、藩王国どうしの結びつきができないようにして、互いに競わせようとするものであった。イギリスの植民地支配の基本的な方策であった。

帰属問題

 イギリス植民地支配下のインドには、ハイダラバード、カシミールなど大きなものから全部で約600の藩王国が存在した。藩王はマハラージャといわれ、その家系は現在のインドにおいても地方名士として重きをなしているようである。またこれらの藩王国は1947年のインド・パキスタンの分離独立 に際しはその帰属が問題となった。カシミールでは藩王と住民の宗教的対立もからんでインド=パキスタン戦争の原因となり、現在も紛争が続いている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ア.西欧勢力の進出とインドの植民地化