印刷 | 通常画面に戻る |

ジャーギール制

インドのムガル帝国アクバル帝が定めた、官僚に土地の徴税権を給与として与えた制度。

 ジャギールとはムガル帝国アクバル帝の時に定められた、官僚に与えられた給与地、およびその制度のこと。ムガル帝国のマンサブダール制で、官僚に与えられる禄位(マンサブ)に応じて定められた給与地をジャーギールという。官僚はジャーギールに見合った騎兵を養い、帝国の危急にはそれを提供しなければならなかった。なお、ジャーギールは土地そのものではなく、土地からの徴税権であり、ブワイフ朝、セルジューク朝以来のイスラーム世界でのイクター制、オスマン帝国のティマール制にあたるものである。ジャーギールは官僚の土着化を防ぐため、世襲は認められず、3,4年ごとに所替えされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章4節 ア.ムガル帝国の成立