印刷 | 通常画面に戻る |

東インド会社の商業活動停止

1833年、イギリス東インド会社の商業活動を全面的に禁止した。

1833年、イギリスが制定した「東インド会社特許法」によって東インド会社は領土をイギリス国王に委譲し、商業活動全般を停止した。これによって東インド会社は最終的に特権的貿易会社であることをやめ、完全にインド植民地統治の機関となった。同時にベンガル総督インド総督と改称した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 イ.植民地統治下のインドと大反乱