印刷 | 通常画面に戻る |

ドル外交

19世紀初め、アメリカのタフト大統領が採った外交姿勢。

第27代タフト大統領(在任1909~1913、共和党)の外交政策。「弾丸に代えてドルで」という、経済力によってラテン=アメリカ地域を支配し、東アジアに門戸開放を図ろうとしたもの。中国では四国借款団への加入、湖広鉄道借款への参加を実現させ、さらに満州への進出を図ったが、日本とロシアの反対で挫折した。ラテン=アメリカ地域では、1911年にニカラグアを金融保護国とした。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章1節 カ.アメリカ合衆国