印刷 | 通常画面に戻る |

新しい自由

1913年、民主党のアメリカ大統領ウィルソンが提唱した政治理念。

 「新しい自由」New Freedom とは、1912年の大統領選挙に際して民主党の大統領候補であったウィルソンが提唱した政策の理念を言う。「新自由主義※」ともいう。特権的な大企業の横暴を批判し、公正な競争と経済的機会均、政府の積極的な経済政策などを唱えた。1813年に大統領就任後、21年までのウィルソン大統領の実際の政策としては、関税引き下げ、鉄道労働者の8時間労働、反トラスト法の強化としてクレイトン反トラスト法の制定、独占監視のための連邦通商委員会の設置、上院議員の直接選挙、禁酒法などの革新政治を行った。その思想的な背景には、急速なアメリカ資本主義の形成に対応して出現した労働者大衆の諸権利を、従来の大資本家や大農園主らの既得権者から守る必要があるという理念として19世紀末に盛んになった革新主義があった。
※第二次世界大戦後の1970年代に登場した「新自由主義」とは異なるので注意すること。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章1節 カ.アメリカ合衆国