印刷 | 通常画面に戻る |

クロンシュタット反乱

1921年3月、戦時共産主義に反発したロシア海軍の水兵反乱。これを機にソヴィエト政権は新経済政策にて転換した。

 第2次ロシア革命が進展する中で、共産党の独裁による「戦時共産主義」の行き過ぎは、国民の不満を強めていた。1921年3月、かつて革命の原動力の一つとなったクロンシュタット軍港の水兵(水兵のほとんどは農民から徴兵されていた)が暴動を起こし、選挙や言論・出版の自由を要求した。これにたいして共産党政権はこの暴動を社会革命党左派(左翼エスエル)やアナーキストが煽動した反革命運動であるとしてトロツキーを派遣して弾圧した。レーニンは民主化を求める運動を弾圧する一方、これを機に戦時共産主義の方向を改め、新経済政策(NEP)の採用に転換した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 オ.ソヴィエト政権と戦時共産主義