印刷 | 通常画面に戻る |

トロツキー

第2次ロシア革命の指導者。後に世界革命を主張しスターリンと対立する。

トロツキー
Trotskii 1879-1940
 トロツキー(1879~1940)は、ウクライナのユダヤ系農民の子として生まれる。1896年から労働運動にかかわり、捕らえられてシベリア流刑となる。脱走してペテルスブルクにもどり、ロシア社会民主労働党に加わり、最初はメンシェヴィキを支持した。1905年の第1次ロシア革命後、ペテルブルクのソヴィエト議長となった。その後ロンドン、スイスなどに亡命した。

十月革命を指導

 1917年、二月革命(三月革命)が起こるとロシアの戻り、レーニンの指導するボリシェヴィキに加わり、十月革命の武装蜂起では軍事革命委員としての先頭に立って指導し、全ロシア=ソヴィエト会議で活躍した。その後もボリシェヴィキ独裁体制をささえるレーニンの最も重要な同志として活躍を続ける。

ブレスト=リトフスク条約

 ソヴィエト政権の人民委員会議では外務人民委員としてドイツとの停戦交渉に当たりブレスト=リトフスク条約の締結にあたったが、ドイツ側の過大な要求を拒否して交渉をうち切った。しかし、ドイツが進撃を再開したことによって劣勢となり、戦争停止を最優先したレーニンの判断で講和に応じることに踏み切り、1918年3月3日に調印された。トロツキーは外務人民委員を辞任した。
(引用)1918年2月、ブレスト=リトフスクにおいて講和交渉が始まった。ソヴィエト代表団を率いるトロツキーは、示威的に、外交の伝統的慣行を放棄し、交戦諸国政府の頭越しに諸国民に訴えかけ、ドイツ軍中に反戦プロパガンダを公然と持ち込み、ドイツが西側連合国との交渉では受諾すると称していた「無併合・無賠償の講和」の要求をつきつけてドイツ代表団を困惑させた。
 しかし、ドイツの非妥協的態度とドイツ軍の圧倒的優位は、避けることのできないディレンマを提起していた。トロツキーは、帝国主義国との屈辱的条約に調印すること――レーニンはこれを不可避とみなすに至っていた――を、自分の革命的原則と和解させることができなかった。他方、彼の現実感覚は、ブハーリンや他の「左翼共産主義者」の「革命戦争」再開要求を支持することを彼に許さなかった。彼は「平和でもなく戦争でもない」という定式を考案した。しかしならが、ドイツがこうした外交とはいえないような奇妙なやり方に動ぜず、進撃を再開させるに至って、同様のディレンマがより一層緊迫した形で再発した。トロツキーは不承不承ながらレーニンに与して、ウクライナやその他の旧ロシア帝国領の広大な地域の放棄を含む、レーニン自ら「屈辱的」と認める講和の受諾に賛成投票し、外務人民委員の職を辞任した。<E.H.カー/塩川伸明訳『ロシア革命』1979 岩波現代文庫 p.14>

赤軍の創設

 1918年8月以降、反革命勢力と外国の干渉が強まると、革命を防衛するため、赤軍を組織する任務を帯び、トロツキーは軍事人民委員に任命された。彼は現実主義者であったから、軍が未熟で未訓練な召集兵によって建設されるなどとは考えなかった。彼は新規の軍隊を訓練するために、公的には「軍事専門家」とよばれた職業軍人、旧帝国軍将校を徴募した。この便法はすばらしい成果を収め、1919年初めまでにこのような将校が3万人徴募され、1917年には1万の訓練兵にすぎなかった赤衛軍は、500万の赤軍へと成長した。トロツキー自身、類い希な軍事的才能を発揮したが、同時に絶対服従の要求と軍規違反者の処罰において容赦ないことでも知られた。<E.H.カー/塩川伸明訳 同上 p.16>

スターリンとの対立

 次第にレーニンの後継者の一人と見なされるようになったが、スターリンとの対立が強まり、レーニンの死後の1924年にスターリン派によって役職を解任され、29年には国外追放となった。
 トロツキーの主張は、世界革命(永久革命)論として知られ、世界同時革命を主張してスターリンの一国社会主義革命論と対立したのである。1940年、亡命先のメキシコで、スターリンのはなった刺客により暗殺された。『ロシア革命史』『わが生涯』など著作多数。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 エ.ロシア革命