印刷 | 通常画面に戻る |

マサリク

チェコスロヴァキア共和国の初代大統領。

 チェコ人のプラハ大学の哲学教授で、チェコスロヴァキア共和国の初代大統領(1920~35年)。オーストリア=ハンガリー帝国からの独立運動を早くから指導し、イギリス・アメリカで民族独立を訴え、第一次世界大戦の戦後に実現させ、初代大統領となったので、チェコスロヴァキア建国の父と言われている。マサリクの次はベネシュが継承した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章2節 ウ.西欧諸国の停滞