印刷 | 通常画面に戻る |

サッコ=ヴァンゼッティ事件

1920年アメリカで、アナーキストであるイタリア系移民の二人が、強盗殺人の罪で処刑された事件。

 1920年代のアメリカ合衆国で、移民問題が深刻になったことを示す事件であった。1920年4月15日、ボストンの南方のサウス・ブレイントリーで強盗殺人事件がおこり、その容疑者として製靴工場の職人ニコラ=サッコと魚の行商人バルトロメオ=ヴァンゼッティが逮捕された。マサチューセッツ州裁判所判事ウェブスター=セイヤーは、二人が恐るべき「赤」、しかも法秩序の破壊を主張するアナーキストであるから、それだけで罰せられるに値する、という予断で裁判を進行させ、有罪を判決した。1927年までに救済運動も展開されたが、州知事が裁判に誤りがなかった事を声明、処刑が行われた。現在の調査では、サッコは有罪、ヴァンゼッティは無罪というのが有力である。<常盤新平『アメリカン・ジャズ・エイジ』p.214-240>

参考 映画『死刑台のメロディー』

 1970年製作のイタリア映画。監督・脚本はジュリアーノ=モンタルド。主演はジャン・マリア・ボロンテ(ヴァンゼッティ)とリカルド・クッチョーラ(サッコ)。サッコ=ヴァンゼッティ事件を発端から処刑まで、正確に検証して映画化した。1920年代のアメリカ、狂乱の経済繁栄の裏で、無残にも誤審によって処刑されていくイタリア系移民。その非常な裁判と、20年代のアメリカの真実が描かれている映画である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章2節 カ.アメリカ合衆国の繁栄
DVD案内

ジュリアーノ=モンタルド監督
『死刑台のメロディー』
主演 J.M.ボロンテ