印刷 | 通常画面に戻る |

移民法

1924年にアメリカで制定された移民制限法。南・東欧系を制限し、日本人移民は禁止した。

 第一次世界大戦後、アメリカ合衆国の戦間期では国際連盟への不参加に見られるような孤立主義が復活し、外国の影響からアメリカを守るという排外感情が強まった。それは外国からの移民を制限するという政策となって現れた。すでに1882年には最初の移民制限策である中国人労働者移民排斥法が制定され、中国人移民の停止の措置がとられていたが、代わって日本人移民が増加してきた。また、19世紀末から20世紀にかけて、南欧・東欧出身のいわゆる「新移民」の増加が新たな問題となってきた。

南欧・東欧系の「新移民」を制限

 彼ら新移民は非熟練労働者として低賃金で雇用されるので、アングロ・サクソン系移民を主流とするアメリカ人の雇用を脅かすこととなった。アメリカ労働総同盟も熟練労働者の権利確保を主眼としていたので、新移民の労働者は組織されることなく、労働運動でも排除された。また、彼らは宗教的にはカトリック(イタリア系・ポーランド系)やギリシア正教(ギリシア系)・ユダヤ教(ユダヤ系)の信仰を守っていたので、WASP(ワスプ)のプロテスタント社会に融合しようとしなかった。しかもその一方でアメリカはすでに1830年代に普通選挙制が確立していたので、新移民にも選挙権が与えられていたため、旧移民側は新移民の増加にたいして強い危機感を持つようになった。
 そのような中で1924年に成立した移民法( Immigration Laws )は、1890年の国勢調査における出身国別人口の2%の移民を許可するとなっていたが、南欧・東欧からの移民が少なかった時代を基準とすることによって、実質的にそれら「新移民」を排除し、アングロ・サクソン系ないし西欧北欧出身者を多数とする人口構成を守ろうとしたものであった。 → 19世紀のアメリカへの移民 

日本人移民に対する禁止

 日露戦争後には、日本人移民に対する排斥運動が強まっていた。1924年のこの法律では、アジア系人種は、「帰化の資格を有しない」人種と規定されたため、移民としての入国は出来なくなった。中国人移民は1882年にすでに中国人労働者移民排斥法で移民が禁止されていたので、この規定は日本からの移民は完全に禁止ということを意味していた。この移民法によってアメリカへの外国からの移住者は激減した。この移民割当法が廃止されるのは1965年のことである。<有賀夏紀『アメリカの20世紀』上 中公新書などによる>
 アメリカへの移民の門戸を閉ざされた日本人は、1908年から始まっていた、南米ブラジルへの移民が急増することとなる。 → 20世紀のアメリカへの移民
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章2節 カ.アメリカ合衆国の繁栄