印刷 | 通常画面に戻る |

タキン党

1930年代にビルマで結成された、反英組織。アウンサンなど、独立運動の母体となった。

 1930年、ビルマで結成された、反英組織「我らビルマ人(ドバマ)協会」のこと。タキン thakin とは、ビルマ語で「ビルマの主人(われらビルマ人)」を意味し、党員すべてが自分の名前にタキンを冠して呼び合ったので、タキン党と呼ばれるようになった。

ビルマ独立運動

 1930年5月、ラングーンで発生したインド人とビルマ人の衝突事件に触発された青年たちが結成、共産主義者がラングーン大学の学生運動指導者だったアウンサンらが加わり、反イギリスの民族主義で結びついた青年知識人を中心としたビルマ独立運動に貼って天していった。39年にはバーモー率いる貧民党と合体してイギリス当局にビルマの独立承認を迫ったが、40年、イギリス当局によって幹部党員が逮捕され、組織は壊滅的な打撃を受けた。
 同年6月、ビルマを脱出して日本に亡命したタキン=アウンサンは、30名の青年タキンを日本に送ることに成功し、彼らは日本で軍事訓練を受けてビルマ独立軍の母体となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 オ.東南アジアでの民族運動の展開