印刷 | 通常画面に戻る |

レザー=ハーン

クーデターでカージャール朝を倒してイランの実権を握り、1925年にパフレヴィー朝を創始した。

 イランカージャール朝のコサック旅団長であったレザー=ハーンが1921年、テヘランで決起し、クーデタに成功、カージャール朝の国軍最高司令官となって実権を握った。各地の遊牧部族の反乱を鎮圧して無政府状態を終わらせ、1925年には最後の国王アフマド=シャーを退位させて自らレザー=シャーとして皇帝となりパフレヴィー朝を起こした。
 独裁的な権力のもとで、イギリス・ロシアの影響力を弱めながら、宗教色を排除して世俗化、近代化を進めた。イランの独立を回復した偉人として評価される面と、独裁者として恐れられる面の両面があった。イギリスの石油利権に対しては1933年に新たな協定を結び、1バレルあたり4シリングのイラン政府の取り分を固定する60年の契約を結んだ。一方、イギリス・ソ連に対抗して思想的にドイツのナチズムに接近したため、1941年イギリスとソ連がドイツ人駆逐を名目に軍を進駐させ、レザー=シャーは廃位に追い込まれ、子のパフレヴィー2世に譲位した。た。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 カ.トルコ革命とイスラーム諸国の動向