印刷 | 通常画面に戻る |

ヒジャーズ=ネジド王国

1924年、イブン=サウードがヒジャーズ王国を併合してアラビアに建国した。サウジアラビア王国の前身。

 第一次世界大戦後後の1924年、アラビア半島の統一をめぐる戦闘の結果、半島中央部のネジドを拠点とするサウード家のイブン=サウードが、メッカを中心として半島西部を支配していたハーシム家のフセインを元首とするヒジャーズ王国を破って併合し、建国した。ヒジャーズ=ネジド王国のヒジャーズ(へジャズ)はアラビア半島西部、紅海沿岸部のこと、ネジド(ナジュド)はアラビア半島中央部のことなので、半島を統一したことを意味するが、1932年には、「サウード家の国家」という意味のサウジアラビア王国に改称された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 カ.トルコ革命とイスラーム諸国の動向