印刷 | 通常画面に戻る |

リーフ共和国

モロッコ北部のリーフ地方でアブドル=クリムがスペインからの独立の戦い(リーフ戦争)を開始、1923年に独立を宣言した。

 スペインが勢力圏としたモロッコで生まれ、スペインからの独立を宣言した、一地方政権。1920年に始まった北モロッコのリーフ地方の、アブドル=クリムを指導者とするスペインからの独立戦争であるリーフ戦争の中で、1923年にアブドル=クリムによって独立が宣言された共和国である。タンジールを除く北モロッコのスペイン保護領を一時解放した。
 アブドル=クリムは戦いをフランス領モロッコに拡大し、それに対してフランスとスペインの共同作戦による反撃が行われ、1926年に鎮圧された。第一次世界大戦後の民族独立運動の一つの動きであり、ロシア革命によって成立したソヴィエト政権(1922年ソ連邦となる)もリーフ共和国を承認した。しかし、モロッコ(フランスの保護国であったがアラウィー朝のスルタンの権威が残っていた)からのリーフ地方の分離運動と捉えられて、モロッコ独立にはつながらなかった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 カ.トルコ革命とイスラーム諸国の動向