印刷 | 通常画面に戻る |

テネシー川流域開発公社/TVA

アメリカのF=ローズヴェルト大統領の世界恐慌の克服を目指したニューディール政策の一環。公共事業による雇用の増大をめざした。

 Tennessee Valley Authority フランクリン=ローズヴェルトニューディールの重要な施策の一つとして、1933年5月に議会で承認された。政府が成立した公社によって、テネシー川流域のダム建設、治水事業、植林、など総合的開発を行い、地域産業を興こし、雇用を増大させることを意図した。TVAによって20のダムが造られ、電力供給は安定し、流域の農業生産性は向上し、成功を収めた。
テネシー川流域は、テネシー、アラバマ、ジョージア、ミシシッピ、ノース・カロライナ、ケンタッキー、ヴァージニアの諸州にまたがり、全長1000km。公社は3名から成る理事会が運営、ローズヴェルトは理事長に55歳の洪水制御の専門技師A=モーガンを、残る二人はテネシー大学学長で農業科学者のH=モーガン、法律家の弱冠34歳D=リリエンソールを任命した。三人の理事は意見の違いもあり、困難を極めたが、それでも発電、森林の再生、土壌回復、農業の改善、学校の建設、レクリエーションなど広範な事業を展開した。高さ140mのフォンタナ・ダムをはじめとする40基の発電ダムと10基の非発電ダムは現在も稼働している。<林敏彦『大恐慌のアメリカ』1988 岩波新書 p.147-150>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章4節 ア.世界恐慌とその影響