印刷 | 通常画面に戻る |

ストックホルム・アピール

1950年、平和擁護世界大会委員会で採択された核兵器廃絶の呼びかけ。

 1950年3月、平和擁護世界大会委員会(後の世界平和評議会)がストックホルム大会で採択した、核兵器廃絶に向けてのアピール。次のような項目が含まれており、核兵器廃絶運動の最初の具体的提起であった。
・大量殺戮兵器である原子兵器の絶対禁止を要求する。
・原子兵器の禁止を監視する厳重な国際管理の確立を要求する。
・原子爆弾を使用する政府は人類に対する犯罪人として取り扱う。
この呼びかけに世界から4億8200万人の署名が集まった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和