印刷 | 通常画面に戻る |

核兵器廃絶運動

1950年代から高揚した核実験禁止、核兵器廃絶をめざす国際的運動。

 第二次世界大戦後、広島・長崎の惨状が広く知られるようになり、原子爆弾が使用され、核兵器が大量殺戮兵器として出現したことを人類絶滅にむかう危機ととらえて、その廃絶を求める声が国際的に起こってきた。国際連合は結成時には核戦争を想定していなかったので、憲章ではふれていないが、1946年1月の国際連合総会の決議第1号は国連原子力委員会の設置と、核兵器および大量破壊が可能なすべての兵器の廃絶を目指す事を決議した。「ノーモア・ヒロシマ」の声は広がり、1950年には平和擁護世界大会委員会がストックホルム・アピールを発表し、核兵器の廃絶を訴えた。

第5福竜丸の衝撃

 しかし戦後の冷戦体制が進む中で米ソの核兵器開発競争はエスカレートし、アメリカは核実験を本格化させ、1954年のによるビキニ環礁でのさらに水素爆弾の実験では現地の漁民と日本のマグロ漁船第5福竜丸乗組員が被爆し、久保山愛吉さんが死ぬという犠牲が出た。
 日本では東京杉並区の主婦らが始めた署名運動が広がり、世界では翌年のラッセル・アインシュタイン宣言が出され大きな反響を呼んだ。1961年には国連総会は核兵器使用禁止宣言を採択した(前年のアフリカの年で独立し、国連に加盟したアフリカ諸国の賛成票がものをいった)。

キューバ危機の衝撃

 また1962年のキューバ危機は核戦争の勃発を回避せざるを得ないという現実を米ソ首脳ともに感じさせた。そのような中で国連主導で核兵器開発制限が強まることをおそれた米ソは、イギリスをさそい、国連とは別枠で1963年に部分的核実験停止条約を締結した。これによって部分的ではあれ初めて核実験に歯止めがかけられることとなった。

核寡占体制へ

 米ソ二大国は核抑止論(核戦力の均衡によって核戦争が抑止され平和が維持されるという理屈)により、核独占体制を作ることをねらい、1968年に核拡散防止条約(NPT)を成立させた。米ソ二大国は核独占体制を強めるとともに、ミサイルや中性子爆弾など戦略的な核兵器の開発を競い続けた。一方で60年代にはフランスと中国が核実験に成功、国連安保理五大国が核保有国となった。

緊張緩和と新たな拡散

 1970年代はデタント(緊張緩和)の時代となって核兵器の制限交渉(SALT)、さらに削減交渉(START)が進展した。しかし米ソの力の均衡という冷戦が終結した1990年代以降は、インド、パキスタン、北朝鮮が核保有を宣言、イスラエル、イランなども保有は否定しておらず、核の地域的な使用が現実的になってきている。1996年に国連で制定された包括的核実験禁止条約(CTBT)もアメリカが批准しておらず、完全な核兵器の廃絶には至っていないのが現状である。
<以下、核兵器、核軍縮に関する用語説明は前田哲男編『現代の戦争』2002 岩波小辞典を参照した>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和