印刷 | 通常画面に戻る |

ラッセル=アインシュタイン宣言

1955年、哲学者ラッセルと物理学者アインシュタイン二名が発表した核戦争絶滅の訴え。世界的な核廃絶運動の契機となった。

 1955年4月11日、哲学者ラッセルと物理学者アインシュタインによる戦争絶滅の訴え。アインシュタインは同月18日に死去し、その遺書となった。7月9日、マックス=ボルン、ジュリオ=キュリー、湯川秀樹などノーベル賞受賞者9名も連名で署名し、発表された。前年3月のアメリカによるビキニ環礁での水素爆弾は、大量破壊兵器の発達が人類という生物の種を絶滅させる危機であるととらえ、しかも核兵器の使用による一瞬間の死は少数であっても、大多数はじりじりと病気と肉体崩壊に苦しみながら絶滅するであろうと警告した。
(引用)・・・われわれの前には、もしそれを選ぶなら、幸福、知識、知恵の不断の進歩がある。争いを忘れることができないという理由で、われわれは死を選ぶのであろうか。われわれは人類として、人類に向かって訴える。あなた方の人間性を心にとどめ、他のことを忘れよ。もしそれができるなら、道は新しい楽園に向かって開けている。もしできないなら、あなた方の前には全面的な死の危険が横たわっている。<岩波小辞典『現代の戦争』2002 p.305>
 この訴えは世界的に大きな反響を呼び、1957年からは世界の科学者が核廃絶に向けて話し合う国際会議としてパグウォッシュ会議が開催されりまど、世界的な核兵器廃絶運動の出発点となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和