印刷 | 通常画面に戻る |

アーリマン

ゾロアスター教での悪神で、闇を支配する神。アングラ=マイニュなどともいう。光明神で善神であるアフラ=マズダと闘い、最後には敗れるとされた。

 古代イランのゾロアスター教において、主神であり善神・光明の神であるアフラ=マズダに対し、常にそれと戦いを続ける悪神、暗黒の神。アフリマンとも表記するが、本来のイラン語ではアングラ=マイニュ(アンラ=マイニュ)といった。ゾロアスターの教えをササン朝時代に文字化されたと考えられる聖典『アヴェスター』の示す二元論的世界観では、両者の闘いはあらゆる局面で繰り返され、最後の審判によって悪神アーリマンは滅ぼされるとされている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 カ.古代オリエントの統一