印刷 | 通常画面に戻る |

ドーラーヴィーラー

最近発掘された、インダス文明の巨大都市遺跡。

ドーラビーラー、ドーラ=ヴィーラなどとも表記されている。モエンジョ=ダーロハラッパーロータルなどに加え、最近(1990年代)に発掘されたインダス文明の遺跡。インド西部のグジャラート地方のカッチ湿原にある丘陵地帯で発見された。この遺跡は大量の石材を用いて建造された都市遺跡で、頑丈な外壁と内壁で囲まれており、集水溝・貯水槽といった水利施設が完備していたことが知られる。<『世界各国史 南アジア史』2004 山川出版社 p.20>
教科書では、東京書籍『世界史B』の註で「ドーラ=ヴィーラは最近、インドのグジャラートで発見されたモエンジョ=ダーロ級の大都市遺跡である。」と紹介されている。<『世界史B』2006 東京書籍 p.62>

ドーラーヴィーラー遺跡の不思議

 1990年代にその存在が明らかになったドーラーヴィーラー遺跡は、それまでの古代文明観に一石を投じた。それは、この文明がインダス文明に属していると考えられるにもかかわらず、インダス川から300kmほど離れており、そこから河水をひいた形成はないことである。つまり、古代文明は大河の流域に出現したという常識に反していたのである。そして遺跡の中で目立つのが都市を取り囲むように造営されている多くの貯水槽は近くの枯れ川とつながっている。この枯れ川はモンスーン(雨期)になると水量の多い川になる。そこから水を引いて貯水槽に溜めて乾期に備えたと考えられる。つまり、この文明は大河でなくモンスーンがもたらしたものであった。またドーラーヴィーラーから発見された多数の文字とおもわれる図柄が出土しているが、インダス文字と同様、まだ解読されていない。いずれにせよこの遺跡の今後に研究に期待が寄せられている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 ア・イ.インダス文明の形成