印刷 | 通常画面に戻る |

モエンジョ=ダーロ

インダス川中流にあるインダス文明の代表的な都市遺跡。

 インダス川中流のシンド地方にある、インダス文明の代表的遺跡(モヘンジョ=ダロとも表記)。1922年、インダス川河岸の丘陵から何層にも重なった都市遺跡が発掘された。周囲約9.6kmに及ぶ広大な円形の地域に、家屋・直線的な街路・大浴場などの公共施設と思われる建造物が並んでいた。家屋は日乾し煉瓦で造られ、それぞれに便所、浴場、井戸を備えていた。彩文土器と青銅器が使われていた。また印章には文字が刻まれており、インダス文字と言われている。を持つ文化であったことがわかる。前19世紀頃にインダス川の洪水のため、この都市は地下に埋もれたものと思われる。インダス文明のもう一つの重要遺跡であるハラッパーは、インダス川上流のパンジャーブ地方にある。

モエンジョ=ダーロの大浴場

 モエンジョ=ダーロ遺跡の中央にある大浴場は、煉瓦を張った長さ約12m、幅約7m、深さ約2.4mのプール状の遺構で、現代のヒンドゥー教で行われている宗教的な沐浴の場であったらしい。

Episode 危機にあるモエンジョ=ダーロ遺跡

 1922年に発掘されたとき、煉瓦や土器が数千年の時を経て残されているのが発見され、人々を驚かせた。しかし、遺跡は一度空気にさらされるや、二度目の”死”に向かい始めた。主たる原因は地中の塩分濃度である。灌漑用水路により水面が上昇したことが塩分過多の一因となった。モヘンジョ=ダーロ救済のための国際的運動が現在、パキスタン政府とユネスコの共同で始まっている。<NHK 世界四大文明『インダス文明展』図録による>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 ア・イ.インダス文明の形成