印刷 | 通常画面に戻る |

クシャトリヤ

インドのヴァルナの第二位に置かれる支配者階級。武士または貴族階級ともされる。

ヴァルナの第二位の身分とされ、いわば武士階級に相当する。クシャトラは権力を意味し、クシャトリヤは「権力を持つもの」となる。王族や貴族などの少数者であり、バラモン階級と並んで支配者階級を構成する。アーリヤ人のガンジス川流域移住に伴い、農耕社会が成立するとともに小国家が形成され、その支配者層がクシャトリヤであり、彼らに権威を与える神聖な呪術を行うのがバラモンであったのであろう。