印刷 | 通常画面に戻る |

アーリヤ人

前1500年頃、北西部からインダス流域に侵入した印欧語族の一派。

前1500年頃、原住地のコーカサス地方からイラン、アフガニスタンを経て、カイバル峠を越えてインドの西北パンジャーブ地方に入り、さらにガンジス川流域に広がった征服民族。彼らの移動の原因は不明であるが、気候の寒冷化が考えられている。彼らはインド=ヨーロッパ語族に属し、白色・高鼻で身長が高いのが特色。騎馬戦士と戦車を使って先住民族であるドラヴィダ人らを征服しながら、前1000年頃には居住地域を東方のガンジス川流域に拡大させた。アーリヤ人の伝承であるヴェーダの神々への信仰からバラモン教が生まれ、そこからヒンドゥー教が発展する。また彼らの征服の過程で、カースト制社会が形成されたと考えられている。

インダス文明との関係

 かつてはアーリア人の侵入によってインダス文明が滅ぼされたと説明されているが、最近の研究ではインダス文明はアーリア人の侵入の200年ほど前に、何らかの理由(おそらくインダス川の氾濫などの自然要因)で滅亡したのであり、アーリヤ人の侵入とは無関係とされるようになっている。

Episode アーリヤの意味

 もともと「アーリヤ」とは「高貴な人」を意味した彼らの自称であり、彼らは先住民を「ダーサ」(やがて奴隷の意味になる)として区別した。<山下博司『ヒンドゥー教とインド社会』山川出版社・世界史リブレット5などによる>

アーリヤ人のガンジス川流域への拡大

 アーリヤ人はパンジャブ地方で先住民と融合しながら、牧畜民の生活から農耕技術を身につけ、より肥沃な土地への移動をもとめたらしく、紀元前1000年頃からガンジス川流域に移住し始め、農耕社会を形成していった。この時期にリグ=ヴェーダに続く3ヴェーダが編纂されたので、前1000~前500年頃まを「後期ヴェーダ時代」という。この農業社会の形成過程でアーリヤ人社会にヴァルナ制、さらにカースト制が発展したと考えられる。