印刷 | 通常画面に戻る |

サールナート

サールナートの石柱碑
サールナートの石柱碑
柱頭の獅子と法輪

ガンジス中流にあるブッダが最初に説教した土地。アショーカ王の建てた石柱碑が現存する。

サールナートはサルナートとも表記。ガンジス川中流域のヴァラナシの近くにあり、ブッダが最初に教えを説いたところで鹿野園と言われる、仏教の四大聖地の一つ。マウリヤ朝のアショーカ王が建設した石柱碑も発見されている。またグプタ朝様式の仏像彫刻が発掘された遺跡もある。近くにヒンドゥー教の聖地ベナレス(ヴァラナシ)がある。

アショーカ王の建てた石柱碑

アショーカ王がこの地に建立した石柱碑は、後にイスラーム教徒の手によって五つに折らたが、柱頭は破壊されずに残り、20世紀の初めに発掘されて、現在は統治の博物館に保存されいる。柱頭は高さが2.12メートル。4頭の獅子が四方を見つめて咆哮(つまり獅子吼)する像が彫刻され、その円筒状の台座には法輪と牛が浮き彫りされている。柱の部分にはブラーフミー文字で、アショーカ王の詔勅が彫られている。<中村元『古代インド』講談社学術文庫 p.176>

Episode インドの国旗の法輪

 サールナート発見のアショーカ王の石柱の柱頭には、四匹の獅子が彫られ、その足下に車輪が描かれている。この車輪は「法輪」(ダルマ・チャクラ)といわれ、仏の教えである真理と正義によって世界がよく治まることを象徴している。現在のインド共和国の国旗の中央に描かれているのもこの法輪である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 エ.都市国家の成長と新しい宗教の展開