印刷 | 通常画面に戻る |

ブラーフミー文字

アショーカ王碑文の一部
サールナートで発見されたアショーカ王碑文の一部(東京外語大AA言語文化研究所編『図説アジア文字入門』p.17)

マウリヤ朝アショーカ王時代のインドで用いられた文字。

紀元前3世紀、古代インドのマウリヤ朝アショーカ王の時代に用いられた文字。どの系統の文字にから作られたか不明であるが、その後のインド各地やチベット、東南アジアで用いられたインド系文字のもととなった。ビルマ文字クメール文字がその例である。グプタ朝ではこの文字から派生してグプタ文字が作られ、それからサンスクリットを書き表すための梵字が生まれた。ブラーフミー文字そのものはインドがイスラーム化した14世紀頃にはすでに忘れ去られ、インド人も読めなくなってしまった。解読に成功したのはイギリス人のプリンセップで、彼は西北インドで出土する貨幣の表にギリシア文字、裏にインド文字が彫られているのを手掛かりに、アショーカ王の碑文を解読した。<参考:中村元『古代インド』講談社学術文庫 p.175-176> → 東南アジアのインド化 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 オ.統一国家の成立
書籍案内

中村元『古代インド』
講談社学術文庫