印刷 | 通常画面に戻る |

渭水

中国の地域。黄河の支流で周以来、中国各王朝の拠点となった中心部。

渭水(いすい)は現在は渭河(ウェイホウ)といい、黄河が南流から東流するあたりで合流するその支流。渭水流域は現在の陝西省の中心部にあたり、新石器時代から開け、周(西周)はこの地に起こり、東方の殷を滅ぼして全土を支配し、この地に都として鎬京を造営した。その後、秦の 咸陽、漢と隋・唐の都長安(現在の西安)が築かれ、長く中国の権力の中心地であり、その時代には関中と言われた。

Episode 関西・関東の本家は中国

 渭水流域を関中というのは、東の平野部の境に有名な函谷関(かんこくかん)があったからである。なお、函谷関の西を関西、東を関東とも言う。その函谷関の日本版が箱根の関所だったわけですね。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ウ.殷と周