印刷 | 通常画面に戻る |

咸陽

中国の秦の戦国時代からの都。統一後も首都とされる。

前350年秦の孝公渭水流域の関中に築いた都。陝西省の省都西安の北西、渭水の北岸。始皇帝の統一によっての都が全中国の首都となった。始皇帝は咸陽に天下の富豪12万戸と移住させたという。秦の滅亡の時に焼き払われて、現在は遺跡として残るだけである。現在の咸陽市はその西につくられた新しい街。始皇帝はさらに咸陽の南に新しい都城として阿房宮(あぼうきゅう)の建設を進めた。また咸陽の東に自分の陵墓として驪山陵(りざんりょう)を建設した。この新都城と山陵の建設は、万里に長城の修復と並ぶ大土木工事として人民の大きな負担となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 カ.秦の統一