印刷 | 通常画面に戻る |

周/西周

中国の殷に続く王朝。前半を西周、後半を東周(春秋戦国時代)に分ける。

周は黄河の支流渭水流域にあった邑の一つで、はじめの支配を受けていた。文王の時に宰相太公望などの補佐もあって有力となり、前1050年頃、文王の子の武王が殷の紂王を牧野(ボクヤ)の戦いで破り、華北一帯を支配した。都は渭水流域の鎬京(こうけい)に置いたが、殷を滅ぼして中原を支配するようになってからは、中原統治の便を考慮して、河南省の洛陽(かつての洛邑)を副都とした。
 文王、武王に続いて成王の時には王位継承をめぐって反乱が起こったが、武王の兄弟の周公が成王を補佐して乱を鎮め、支配を安定させた。周は殷時代の卜占による神権政治を脱し、封建制を作り上げ、諸侯を各地に封じて長期にわたって華中地方に支配秩序を維持した。
 周は文化史的には殷の青銅器文化や甲骨文字を引き継いだだけで新たな文化的な展開にはとぼしかったが、周王室と血縁関係にある諸侯を各地に封じ、国を建てて統治させるという封建制の体制を作りあげた。後の孔子ら儒家の思想家はこの周の時代を「礼」の理念で統治された理想的な時代ととらえている。

周王と諸侯の関係

 周王室に従う諸侯が封じられた諸国には、周公が封じられた、太公望に始まるの他に、周王の一族では召公が、唐叔虞が晋、康叔が衛(殷の故地に建てられた)をそれぞれ建国するなど周王室と血縁関係を持つものが多かった。他に五帝や夏、殷の王の後裔を名乗る地方の有力者が諸侯として国を建てた。彼らは、周王を宗主と仰ぎ、周王から公・侯・伯・子・男という爵位を授けられ、秩序立てられていた。はその例で五帝の一人顓頊の後裔と称している。したがってこれらの国の君主はそれぞれ○公とか、△候と自称した。しかし、東周の段階になると、これらの黄河流域の中原以外に有力な勢力が台頭し、彼らは周王と関係がないことから、爵位にとらわれず堂々と○王と称した。江南地方に興った呉や越は最初から王を称した。 → 封建制

周の衰えと東遷

 前9世紀頃から諸侯の反乱、西北からの異民族の侵入が繰り返されるようになって、周王の権威は次第に弱まっていった。、前770年、北方の遊牧民犬戎が南下して周の都鎬京を占領し、周の幽王は殺されていったん終わった。周王室の一人が諸侯に助けられて都を東方の副都洛陽に逃れ、平王となって周を再建した。これを周の東遷という。またそれ以前を「西周」、以後を「東周」として区別している。

東周=春秋・戦国時代

 前770年から秦の始皇帝によって周王が滅ぼされる前256年までは洛陽に周王室が存在した「東周」時代であるが、その実態は、周の王権は衰え、地方に有力諸侯が自立してそれぞれ王を称して争う分裂期であった。その前半期は、それでもまだ周王の権威は残っており、諸侯も尊王攘夷を唱えて周王を立て、あるいは周王を利用しようという時代であったが、前5世紀末になると周王は全く有名無実化し、各国でも下克上が進んで中国は有力な七国(戦国の七雄)に分割されることとなる。その前半を春秋時代と言い、その後半の前221年の秦の始皇帝による中国統一までを戦国時代という。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ウ.殷と周
書籍案内

貝塚茂樹・伊藤道治『古代中国』講談社学術文庫