印刷 | 通常画面に戻る |

宗法

中国古来の血縁集団宗族に関するさまざまな規則。

古代中国、周王朝封建制時代の共通の祖先を祭る血縁集団が宗族(そうぞく)。父系の同族集団で、同姓を持ち、同姓同士は結婚できない(外婚制)。その規則が宗法(そうほう)で、本家(大宗)と分家(小宗)の秩序があり、先祖崇拝は宋族の義務であり、嫡子相続などの原則がある。このような宗族と宗法は地方豪族では秦漢時代まで長く続いた。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ウ.殷と周