印刷 | 通常画面に戻る |

井田法

中国の周王朝での理想的土地均分制。

周王朝において、1里平方の土地を井の字型に9等分し、廻りの8区画を1家族ずつに与え、中央を公田として9家族の労役による耕作し、国家の収入とするもの。『孟子』に周代の土地制度として述べられているが、実施されたものかどうかは不明。理想的な土地区分制度としてあげられているにすぎないと考えられている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ウ.殷と周