印刷 | 通常画面に戻る |

西域都護

前漢から西域統治のために設けられた機関。

前漢時代の前59年に設けられた、西域統治のための機関である西域都護府の長官。前漢では烏塁城に置かれ、統治全般と屯田経営、東西交易の管理などを行った。一時断絶したが、後漢では班超が西域都護に任命され、都護府を烏塁城の西のクチャ(亀茲)に置いた。班超は西域都護としてその統治領域を拡大し、97年には部下の甘英を大秦国(ローマ)に派遣した。なお、西域都護は107年に廃止され、唐代には亀茲(クチャ)に安西都護府が設けられる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ケ.秦・漢帝国と世界