印刷 | 通常画面に戻る |

甘英

後漢の西域都護班超の部下で、地中海方面まで達したとされる。

後漢の西域都護であった班超の部下で、97年、大秦国に派遣され、安息国を通り、条支国まで到達したが、大海に阻まれ、帰国したと『後漢書』に記録されている。この大秦国はローマ、安息とはパルティア、条支はシリア、大海とは地中海を指すものであろうと言われている。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ケ.秦・漢帝国と世界