印刷 | 通常画面に戻る |

マチュピチュ

20世紀になって発見されたインカ帝国の高原都市。

ペルーのクスコ地方のアンデス山中標高2500mのところにあるインカ帝国の都市遺跡。1911年にアメリカ人のビンガムによって発見され、世界に知られた。おそらく平時の都市ではなく、スペイン人の侵入の時期に避難地域としてつくられたのではないか、と思われる。それにしても急峻な山地に、神殿や住居、墓域などが設けられ、周辺には多くの段々畑が見られ、インカの技術の高さを知ることができる。スペイン人の侵入を免れた後に放置されたため、15~16世紀の建造当時のそのままで伝えられ、世界遺産となっている。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章4節 イ.マヤ・アステカ文明とインカ文明