印刷 | 通常画面に戻る |

道観

道教の神々を祀るところ。

道教の神々を祀るところで、道士が教えにあたり、修行をするところ。仏教でいう寺院にあたる。唐の683年には諸州に道観が建てられたという。道観の祭壇には、道教の最高神である老子ないし「道」を神格化した元始天尊(後に玉豊大帝)が祀られ、さらに孔子や釈迦、武将の関羽など様々な人が神として祀られている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 エ.魏晋南北朝の文化