印刷 | 通常画面に戻る |

新天師道

 

5世紀前半の北魏の寇謙之が、旧来の五斗米道(天師道)を改革してつくった教団で、はじめて道教と称した。新天師道は、武侠と儒教の影響を受け、教義、教典、儀礼を整え、北魏の太武帝によって国教とされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 エ.魏晋南北朝の文化