印刷 | 通常画面に戻る |

蘭亭序

王羲之が残した作品の代表例。

東晋の永和9年(353年)3月、会稽郊外の蘭亭(紹興県西南)に集まった王羲之、謝安ら四十一人の一流文士が森や竹林の下をまがりくねってゆく流れに盃を浮かべて即興の詩を詠じては飲みかつ楽しんだ。これは東晋時代に流行した清談の典型とされる。その時の歌集の序文が王羲之の書いた『蘭亭序』で、彼の代表的な書とされている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 エ.魏晋南北朝の文化