印刷 | 通常画面に戻る |

水経注/酈道元


酈道元

中国、北魏時代の地理書。水系ごとの地理をまとめた漢代の『水経』に酈道元が註をつけた。

 古代中国を代表する地理書で、魏晋南北朝時代北朝北魏の酈道元(れきどうげん)が編纂した。漢から三国の魏のころまでに編まれた『水経』という書物に註を施したもので、全40巻、30万字に及ぶ。註の文は原書の文字の20倍に及んでいる。中国各地の河川について、長江・黄河を中心に、その水路ごとの地形、産物、鉱物、風俗、歴史などを記述し、古代中国の地理研究ではもっとも重要な資料となっている。 → 魏晋南北朝の文化
酈道元 酈道元(れきどうげん)(465?~527)は現在の河北省涿郡の人で、その足跡は黄河・淮河から長江流域まで及んでいる。その記録は時に文学的で、詩のような、絵画のような描写をしている。長江上流の有名な三峡では、
空谷の伝響/哀転久しく絶える・・・/巴東三峡、巫峡長し/猿啼三声、涙裳(もすそ)を沾(ぬら)す
遠くから猿の声が聞こえ、哀れを催す、と記している。<『入門中国の歴史 中国中学校歴史教科書』明石書店 p.278 図も>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
3章2節 エ.魏晋南北朝の文化