印刷 | 通常画面に戻る |

北朝

中国の南北朝時代、北魏以降の王朝。

年代は439年から589年までの中国の華北を中心とした王朝の総称。五胡十六国を統一した北魏から始まるが、その滅亡後はさらに分裂を繰り返し、最終的には隋の登場までにあたる。北方の遊牧民が晋の混乱に乗じて華北に侵入し、漢民族と同化しながら新しい支配を作り上げた。異民族王朝に起源を持つが、漢化政策によっていずれも漢民族と深く同化したものであるので、後の征服王朝(遼・金・元・清)とは区別される。しかし、北朝においてそれまでの漢民族の王朝になかった軍事制度や土地制度が持ち込まれ、それが深化して隋唐の律令制に受け継がれていく。また文化面での遊牧民の日常生活(例えば椅子の生活など)や食生活が中国に持ち込まれたのも北朝においてであった。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代