印刷 | 通常画面に戻る |

選挙

中国での官吏選任のことを選挙と言った。唐代以降、「科目による選挙」である科挙が行われるようになる。

 中国では官吏を選任することを「推挙された者を選挙する」意味で、「選挙」といった。漢の武帝の時の郷挙里選、魏の文帝の時の九品中正制はいずれも選挙制度である。隋の文帝は九品中正制を廃止して、科目を設けて試験による選挙を始めた。それが唐代に「科目による選挙」の意味で「科挙」と云われるようになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章3節 ア.隋の統一と唐の隆盛